カートへ
  1. HOME
  2. ゆうパケット対象商品
  3. 家紋手拭 茗荷 【抱き茗荷】てぬぐい みょうが

■丸に抱き茗荷


■抱き茗荷


家紋手拭 茗荷 【抱き茗荷】てぬぐい みょうが
家紋手拭 茗荷 【抱き茗荷】てぬぐい みょうが
家紋手拭 茗荷 【抱き茗荷】てぬぐい みょうが
家紋手拭 茗荷 【抱き茗荷】てぬぐい みょうが
家紋手拭 茗荷 【抱き茗荷】てぬぐい みょうが
< 家紋について >
ショウガ科の茗荷(みょうが)。 花序(かじょ:枝上花の配列状態のこと)と若い茎が食用として、親しまれています。 ミョウガという呼び方が、幸運であることや、神仏の加護・恩恵の事を言う「冥加(みょうが)」と同じであることから、文様になったそうです。 (家紋柄は諸説あります)


注染という手染め”手ぬぐい”です。
綿製ですので、吸水もよく柔らかな手触り。
裏面からも染めていますので、両面使用することができます。
生地は、手ぬぐいとして使用しやすい密度のある岡生地。
剣道用としても使用できる、一般的なものよりも長め約100cmサイズです。


< 手拭について >
剣道用としても使用できる一般的なものよりも長めサイズ
注染そめ 岡生地
サイズ:約35cmx約100cm
綿:100%
(ディスプレイ環境により色の見え方が変わります)


< 手ぬぐいの扱い方 >
明治時代にタオルが一般的になるまでは、身体を拭いたり、農作業などでの日よけ、台拭きにと、広く日本の日常の中で活躍していた手ぬぐい。
手ぬぐいの両端が縫われていないのは、下駄紐が切れたときやケガをしたときに、生地を裂いて使用するためでした。
また、それは生地の糸が乾きやすく清潔に保つための工夫でもあります。


はじめは気になる両端の糸。
はさみなどで切って処理して頂く必要がありますが、何度が洗濯を重ねると生地がしまってきて、糸が出なくなります。

< 手ぬぐいの洗い方 >

・染めものですので、色落ちすることがあります。
はじめは、他のものと一緒に洗わないでください。
・漂白剤などは、染色が落ちる場合がありますので、使用しないでください

自分の家紋を探そう! 家紋手拭 茗荷 【抱き茗荷】
てぬぐい みょうが

商品番号 494-000[         ]
当店特別価格 ¥ 800 消費税込 ¥ 880
[ 8 ポイント進呈 ]