簡単解説!射法八節

弓道の基礎「射法八節」を知る

弓道では、弓を使って矢をいることだけが全てではありません。弓の持ち方や矢の構え方、足や腕、手の動きについて定められた所作、手順があるのです。正しい動きを守り、流れに沿って行うことで正しい弓になります。正しい弓で射られた矢は、自然と的に当たるとされています。ここからは、弓道の基礎となる動きについて詳しくご紹介していきます。

弓道の基礎の動き(足・腕・手)

・足の動き

足はすり足が基本です。射を行うときの動作は、全てすり足です。

・腕の動き

弓道では、肘を中心とした腕の動きが多くなります。上腕と前腕を意識することがポイントです。

・手の動き

弓道における手の動きはあまり多くありません。特に指先は、あまり動かさないのが弓道の動きの特徴だともいえます。左手は弓を握る動き、右手は弦を支える動きが基本です。

射法八節とは?

弓道には「射法八節」と呼ばれる基本の動作があります。一本の矢を射るとき、定められた8つの手順に沿って行わなければいけないのです。射法八節は基本的なルールであり、弓道を始めるならまず最初に覚えなくていけません。射法八節は8つの動きを行うだけでなく、それぞれが一連の動きとして関連しなめらかに続いていくことが重要です。それぞれの動きについて、ご紹介していきます。

1:足踏み(あしぶみ)

両足を外八文字に踏み開きます。幅は矢束(喉もとから指先まで+5~6cm)が目安です。一足で踏み分ける方法と、二足に分けて踏み分ける方法があります。両足の親指の先を的の中心と一直線上に置くことが大切です。足踏みの際は、弓の上部(末弭・うらはず)が床につかないよう注意します。

2:胴造り(どうづくり)

丹田に力を入れ、体の中心を意識して肩が床と平行になるように立ちます。弓の下部(本弭・もとはず)を左の膝頭に乗せ、右手は腰に置きます。次に、目線で弦調べ(つるしらべ)と箆調べ(のしらべ)を行います。膝の裏を伸ばして呼吸を整え、体が不安定にならないようしっかりと重心を置いて体を固定します。

3:弓構え(ゆがまえ)

弓構えでは、「取懸け(とりかけ)」「手の内」「物見」という3つの動きを行います。「取懸け」では右手を弦にかけ固定します。続く「手の内」は左手の握りを整え、「物見」は右目で的の中心を見定め頭を固定する動きです。右手、左手、頭は一度固定したら射が終わるまで決して動かしません。

4:打起こし(うちおこし)

弓構えの動きを保ちつつ、両手が同じ高さになるよう静かに持ち上げます。打起こしには「正面打起こし」と「斜面打起こし」の2パターンがあります。打起こしの高さは額よりやや高め、高すぎるのは良くありません。上腕と体の角度が45度が目安です。

5:引分け(ひきわけ)

弓を左右均等に引分けていきます。胸を開き、弓と弦の間に体を分け入れるような気持ちで行うのがコツです。第一段階として、左肘が伸びる程度に引分けます。この開き具合が「大三」と呼ばれる状態です。さらに引分け、全体の3分の2ほどまで開きます。そのまま、弓が開ききるまで引分けていきます。

6:会(かい)

引分けが完成し、矢を放つ機会を待つのが「会」です。丹田に力を入れ、自然な呼吸を心がけます。肩と肘の高さに注意しましょう。体全体のバランス、重心に気を配り、的をしっかりと見つめます。

7:離れ(はなれ)

機が熟したら、胸を開き、両腕が同じタイミングで左右に開くように心がけつつ、矢を放ちます。どちらかの手の動きが早いと、矢は的から外れてしまいます。理想の「離れ」は自然でスムーズな動きから成るといわれており、無心で的に向き合い正しい射を行うことが大切です。

8:残心/残身(ざんしん)

矢が離れた後も体を動かさず、矢のあたった場所を見据える動きです。気合を緩めず、一連の動きの集大成として残心を行います。その後、ゆっくりを弓を倒します(弓倒し・ゆだおし)。呼吸をしながら両手を腰に戻し頭を正面に戻します。

射法八節の基本的な流れ

射法八節は、的前に立ったら上記の順番通りに行います。それぞれの動きに時間の決まりなどはありませんが、どれか一つの動きに時間がかかりすぎたり、逆に短すぎたりするのも良くありません。自然な流れでスムーズに、しかし各動作がはっきり明確になるように行うことが大切なのです。

各部分で気をつけるべきところ

1:足踏みの広さ

足踏みの広さに決まった基準はありません。各人の矢束の広さによるので、最初は広さの取り方が難しいと感じます。射以外のときも足踏みの練習をすると、すぐに慣れることができるはずです。

2:胴造りの体のバランス

胴造りでは、左右前後にぶれないしっかりとした体の安定が求められます。丹田に力を込め、体の軸や平行に気をつける必要があります。

3:弓構えの左手の内

手の内は、初心者が苦労するポイントの一つです。手の内がしっかりできていないと、離れの際に弓の動きが悪くなり、残心にも影響が出ます。虎口の皮をしっかり握り込む、小指を外竹の角にしっかり掛ける、といったことに気をつけましょう。

4:打ち起こしはやや前へ

打ち起こしは上へ上げるのではなく、やや前方へ上げるのがポイントです。真上では腕の角度がつきすぎてしまい、力の入った姿勢になってしまいます。

5:引分けは一度で引かない

引分けは段階に分けて引くことが大切です。特に大三を意識しましょう。一気に引くのでなく、両腕が伸びるような気持ちで伸びやかに引分けます。

6:会は5秒キープ

会の状態は5秒ほどキープしなくてはいけません。初心者ではかなり力を使いますが、心を冷静に保ち、離れの準備を整えることを意識します。

7:離れは両腕同時に

離れの際は、左右の手の動きのタイミングが重要です。左手で弓を返す動きと、右手で矢を放つ動きが同時にできるよう心がける必要があります。

8:残心で力を抜かない

離れの後は体も心も緩みがち。しかし、残心までしっかり力を残しておくことが大切です。特に肩や腕の力が抜けやすいので、腕は離れの姿勢から平行に左右に開くイメージを持っておきましょう。

まとめ

射法八節の中には、初心者には難しかったりわかりにくかったりする動きもあります。特に引分けから離れまでの流れは、状態維持に力が要るので初心者には大変かもしれません。慣れないと肩や腕に余計な力が入ってしまい、動きもぎこちなくなります。しかし、何度も動きを練習することで次第にスムーズな動きが身に付くのです。一回一回の射を丁寧に確実にこなすことが、弓道上達への近道です。

並び替え
12件中 1-12件表示
並び替え
12件中 1-12件表示
カートへ